<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

七夕飾り

今年も、友人から大きな笹をもらい、七夕飾りを作りました。
山梨でオルスイさんの作り方を教えてくれたおばあちゃんは、「毎年毎年作っているから、作らなきゃ季節がめぐらない気がするのよ。」と言っていました。
私も、いつの日かそんな風に思えるようになれたらな、と思います。

節分

今年もはりきって豆まき。

いいことがいっぱい、やってきますように!
よくないことは、やってきませんように!
心の叫びです〜。

夫の厄年

私が初詣に行った奈良の三輪さんでもらってきた御幣と、今年「本厄」のだんなが厄祓いで頂いてきた御幣を並べると、とても美しい。
この二つの美しい御幣があれば、今年一年、何事もなく平安に暮らせるような気がしています。

七夕

今年も山梨の七夕飾り、「オルスイさん」を作りました。
さらに、エキグチ先生から教わった「大漁網」をアレンジしたものも作ってみました。
こちらも、私の七夕飾りの定番になりそうです。

どちらも、連載をさせてもらっているAERA with Baby6月号の「おうち歳時記」に型紙を載せていますので、もしも興味のある方はぜひ。

端午の節句

岡本太郎の鯉のぼりが、今年も我が家のベランダで泳いでいます。

ベランダの鉢植えに自生しているヨモギと一緒に軒菖蒲を玄関に飾って、厄払い。

針供養
今日、2月8日は、針供養の日。

この日は針仕事を休み、固い生地を刺して折れたり曲がったりした針を、豆腐やこんにゃくなどやわらかいものに刺して

「おつかれさま。たくさん仕事をしてくれてありがとう。」

と針をねぎらいます。私も、1年間曲がった針をためておいて、この日はお豆腐に刺して飾ります。

 
節分

昨日は節分。
我が家でも、豆まきをして恵方巻きを頂きました。
残念ながら、会社員になったパパの帰宅は夜中なので不参加。
数年前までは、鬼役だったのになあ。

↓ちっとも怖くなさそうなパジャマ姿の鬼。

たこあげ

東京の家の近くでは凧あげをできる場所なんてないけれど、大阪の実家にはすぐ近くに大きな公園があるので、子どもたちは毎年楽しみにしています。

走って、走って、走りまくって、糸が雲の中に消えていくまで、高く高く飛ばします。

明けましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
よい一年になりますように・・・

私は実家に帰って、お節を作って、家族で七並べをする、毎年変わらないお正月を過ごしました。カラオケにも行って、娘が最近覚えた聖子ちゃんの「制服」を一緒に熱唱しました。


息子と一緒に折ったポチ袋。鶴がドッキングしています。
冬至の七運探し

今日は、一年でいちばん夜の長い日。
昔の人は、太陽の力が弱まる冬至の日に、「ん」のつく食べ物を食べると「運」がつくと考えていました。

いいことは、なんでも取り入れたい私も、今日の夕飯のメニューに無理やり「ん」のつく食べ物をくわえます。だいこ、にんじ、なんき、ににく、ごは、れんこ、こにゃく、ぷり、まろ・・・・・・・・

あ、あと一個が思いつかない〜

もちろん、今日のお風呂は柚子湯です。