<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

合格クッキー
がんばっている受験生にプレゼントしたくて、
五角形の合格クッキー作りました。
ごかく→ごうかく☆

来年は、娘が受験生だなんて信じられません。。。
アイシングクッキー
お菓子の家

タンデコロリのアイシングクッキー教室に、娘と参加しました。いつも、おおざっぱな娘が息をとめて丁寧に作業に集中。
食べるのがもったいない、かわいいお菓子の家ができました。

http://temps-des-coloris.com/

紙版画の手提げバッグ

8歳の息子の誕生日に紙版画の手提げバッグをいっしょに作りました。
息子のトレードマーク、ヨットをデザイン。
くじら雲も浮かんでいます。


絵具のついたAの文字をぽろりと落としてしまったので、そのままデザインに活かしてみました〜。
ちなみに他のプレゼントは、スケートボード&ヘルメット、PCめがね、ポケプラ。それぞれおじいちゃんや親せきにお願いしていました。

新学期のぞうきん作り

小学校2年生になった息子と一緒に新学期用のぞうきんを作りました。

甘酒おざぶとん

甘酒作りにチャレンジしてみました。

萬年こうじ製造本舗で米麹を購入。包み紙がかわいすぎます〜。浦島太郎がもらった乙姫様のお土産は、「こうじ」であったとさ♪

もち米でおかゆを作り、そこに麹をいれて、鍋ごと「甘酒おざぶとん」で包みます。60度をキープしながら4,5時間そのままにしておけば甘酒のできあがり!

のはずだったのですが、そのまんまで食べるとおいしいのですが、お水で割ると、味がうすいような。もっと、おかゆを作るときにしゃぶしゃぶにすればよかったのかしら?まだまだ修行が足りません。
それにしても、お砂糖を使わないのに、この甘さはどこからやってくるのでしょう!
毎朝、苺といっしょに甘酒スウィーツとして家族みんなでいただいてます。飲む点滴といわれる甘酒作り、はまりそうな予感です。

アドベントツリー

今年も、クリスマスツリーならぬアドベントツリーを飾っています。
子どもたちはクリスマスの2週間前から、毎日一つづつ、この木にぶらさがっているお菓子の袋を開きます。
お菓子だけではつまらないので、「家族あみだくじ」も入っています。
あみだくじの内容は、100円までのアプリを入れられるという豪華なものもあれば、お風呂洗いや、尻文字、コチョコチョの刑など罰ゲームのようなものも。
結構、盛り上がります!


「たのしいふゆごもり」ぬいぐるみ作り その2
2つめのぬいぐるみ作りは、カエルちゃんです。デザインとミシンが息子の担当なのですが、一番たいへんなのは、ひっくり返して綿をつめる作業だよ〜。子どもにはけっして、できるまい。
でもかわいい〜〜。

目は何色のボタンにする〜?即答で「きいろ!」

「たのしい ふゆごもり 」ぬいぐるみ作り
 


小学1年生の息子のいちばん好きな絵本「たのしい ふゆごもり/片山令子 作 片山健 絵/福音館書店」は冬眠前の熊のお母さんと子どもが冬ごもりの準備をするお話です。そのなかで、まだひとりでは眠れないくまちゃんが、自分のベッドで眠れるようにお友達のぬいぐるみを作るシーンがあるのですが、息子はこのページにあこがれて自分もぬいぐるみを作りたいとずっと、言っていました。
 私の仕事がひとだんらくしたので、やっと息子のお願いを実現させてやることができました。


まずは、ぬいぐるみのデザイン。それを布地に写して、ミシンで中表で縫い合わせるのですが、うまくてびっくり。カーブも返し縫いも上手にマスター。朝の連ドラのカーネーションの影響でミシンを触りたくてしょうがなかった息子は得意顔です。綿をつめ、フエルトで目、鼻、口を作り、縫いつければ完成です。



くまちゃんにコートとおもちゃも作ってあげました。きゃわうぃ〜〜〜。
息子がブジョーくんと命名。なんで?と聞いたら「じょうぶにそだつように。」という渋い親心が込められてました〜。
毎日、いっしょに寝ています。
梅雨入り

スーパーに、赤紫蘇や青梅が並び始めました。

今の時期だけのお楽しみ、紫蘇ジュース。
紫蘇の葉をぐつぐつ煮た青い汁にお酢を入れると、みるみるうちにピンク色に変わる様子は魔法のように美しいです。

暑くなったり、寒くなったりと体調を崩しやすいこの季節、
どうぞお体、ご自愛ください。