<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ルアンパバーン 手しごとの旅 6 モン族のナイトマーケット | main | ルアンパバーン 手しごとの旅 7 ラオスのかご >>
ルアンパバーン 手しごとの旅 6 竹編みワークショップ
Ock Pop Tok で竹編みのワークショップに参加しました。
Ock Pop Tokのギャラリーがルアンパバーンのメインストリートにあり、前日そこに申し込みに行くと、「明日の朝8時半にこのお店に集合ね。」ということ。
翌朝、集合場所からトゥクトゥクに乗って、川沿いの緑豊かなアトリエに到着しました。ここが、またまた素晴らしい場所!
大きな庭のあちこちに染料になる木が植えられ、織物をする人やビーズ編みをする人が、もくもくと作業をしています。
すぐ下に流れる川のように、ここにはゆっくりした時間が流れていました。





最初に、施設の説明を受け、絹ができるまでのレクチャーを受けました。


ここでは、竹編みのほか、染色、織物、モン族のバティック染めなどいろいろな体験ができます。

私たちが選んだのは、竹編み。教えてくれたモン族の先生が、そばにいるだけで癒やされる〜!という寡黙だけれどやさしい人。私たちが出会った人が、たまたまそうだっただけなのか、本当にラオスの人は、シャイだけどやさしくて大好きになりました。




私たちは半日コースだったのですが、時間が足らずに途中でランチ休憩をして午後2時くらいにやっとティーマットの完成!(本当はランチョンマットのはずでしたが、私たちの仕事が遅くて、とても無理!)
何度もまちがえてはやり直し、あきれ顔の先生と持参した指さし会話帖でおしゃべりをしながら楽しい時間を過ごしました。
他にもコースターやうちわなどが作れるようです。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK