<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
大人版「まめたび」制作中

堀川 波×カランコロン京都で作らせてもらっているブランド「まんまる」の新作、大人用「まめたび」のデザインを考え中です。

靴下用の糸がズラリ!きれい〜。この中から色を選びます。でも、こんなに色があるのに、思っている色がなかったりするんです。

人気の「まめたび」に、新柄登場!

カランコロン京都×堀川 波で作らせていただいているベビーグッズブランド「まんまる」から、人気商品の「まめたび」に新柄が出ました〜。
ちどり柄、うさぎ柄、しましまです。
出産のお祝いにいかがですか。すごくかわいいです!

パッケージに使われている敷き紙もドイツから取り寄せている折り紙だったり、京都の老舗の和紙だったりと、細かいところまでこだわっています。




カランコロン京都みやげ
カランコロン京都のブランドマネージャー塩崎さんと、久しぶりの打ち合わせ。
私がプロデュースさせてもらっているベビーブランド「まんまる」のお話をしました。

おかげさまで「まめたび」 はとっても人気なんだそう!うれしいです。人気の柄は欠品中で、すみません。私は、赤ちゃんなのに大人っぽいグレーのさんかく柄がお気に入りです。

昔話シリーズのロンパースも、なんと桃太郎柄は完売!と聞き、びっくりです。
(追加生産するそうですので、もう少しお待ちくださいませ。新しい柄も増える予定です。)


おみやげに頂いた若狭屋さんの葛湯は、お湯を注ぐとおわんの中であひるが泳ぎだしました。かわい〜。子育て幽霊飴は、オカルト好きの娘に私からのおみやげ!

まめたび、ネットで購入できます
先日、イエエコの打ち合わせで伺ったライターさんの愛娘、生後2ヶ月のちーたんに、
「まめたび」をプレゼントしてきたのですが、もー、ほんっとにかわいい!

ちーたんそのものが、 たまらんかわいいのですが、「まめたび」をはいたあんよは、さらにかわいさ倍増!です。年末年始のプレゼントにぴったりだと思います!



 

カランコロン京都のサイトで購入できますので、ぜひ!

「まめたび」が発売になりました。
私がデザインさせていただいた「まめたび」が発売になりました。
新生児から12ヶ月ごろまでの赤ちゃんのためのモダンで 可愛らしい足袋柄靴下です。
出産のお祝いや、おみやげにどうぞ。




昔話シリーズ「桃太郎」「こぶとりじいさん」「うさぎとかめ」のベビー服(70cmロンパース、80cmTシャツ)、てぬぐいも発売されました。私が気にって入っているのは、バックスタイル!!
「桃太郎」は日本一の旗が、「うさぎとかめ」は大きな亀のこうらが、プリントされています。


●ぶぶ
(まめたび、昔話シリーズベビー服+てぬぐい、切り紙てぬぐい)
埼玉県
ららぽーと新三郷店 9/17OPEN!
TEL:048-959-7215

静岡県
ららぽーと磐田店 6/25OPEN!
TEL:0538-38-5132
兵庫県
ららぽーと甲子園店 
TEL:0798-41-4221

●カランコロン京都」(まめたび)

伊と忠ネットショップ

 「まんまる」 切り紙ハーフ手ぬぐいシリーズ 発売中です!
若い女性に人気の和の雑貨屋さん「カランコロン京都」。その中の、赤ちゃんグッズなどの商品プロデュースを私がお手伝いさせてもらうことになりました。
ブランド名は「まんまる」 です。

できたてほやほやの自信作は、ハーフ手ぬぐいです。こちらは、切り紙シリーズで「きのぼり」、「ともだち」、「かぞく」、「おはな」の4種類作りました。すべて私が、一枚紙をハサミでチョキチョキ切って、版を作ったんですよ。
暑い季節にぴったりです。 普段使いに、プレゼントに、ぜひどうぞ!!

ハーフ手ぬぐいは、普通の手ぬぐいの大きさの半分なので、ハンカチのように使いやすいです。しかも、切りっぱなしではなく、最初から端っこをミシンで縫ってあるから、ほつれる心配もありません!右上にあるブランド名「manmaru]の文字は、4歳の息子に書いてもらいました。それぞれ、税込み630円で発売中です。

切り紙シリーズ/ともだち

切り紙シリーズ/きのぼり

切り紙シリーズ/おはな

切り紙シリーズ/かぞく

 

 


 
 

ぶぶ の まんまる


見てください!この小さい小さい赤ちゃんの足袋柄ソックス。糸きり鋏より小さいんです!まだ届いたばかりの見本ですが、実は、この靴下、私がデザインさせてもらったもの。

若い女性に人気の和の雑貨屋さん「
カランコロン京都」が、家族で楽しめる和の雑貨屋さん」「ぶぶ」 をオープンされ、その中の、赤ちゃんグッズなどの商品プロデュースを私がお手伝いさせてもらうことになりました。